『宇宙に命はあるのか人類が旅をした一千億分の八』

かつてジュール・ベルヌに触発されたフォン・ブラウンやコロリョフは宇宙をめざした.

少年時代”何か”がウイルスのように種を宿し,NASAの火星探査に所属する若者は”人はどこから来てどこに行くのか? この広大な宇宙にいる唯一の存在なのか?”の答えを求めて未来を語る!

”何か”はアポロ計画では40万人を動員して世界を巻き込み有人月探査を,ボイジャー1号2号は175年に1度の惑星直列を見逃さずスイングバイを利用して30年かかる海王星への飛行を12年で成し遂げた.

宇宙望遠鏡でハビタブルソーンにある系外惑星を発見し,SETIや著者の専門ローバー等でのサンプルリターンにより地球外生命体の探査,そして火星移住をめざす. 太古に感染し,星空を見上げ渇望する心は, – あなたを,宇宙のかなたへ!?