講演の記録

科学的基礎に基づいた歯科医療の実践を求めて

良好な長期予後の獲得は生体応答や生物学的リサーチのなかにヒントがある!

ITDN Tokyo (Implant Tissue engineering Dental Network Tokyo は、2000年に設立以来、今年で22周年目を迎える。月の院内勉強会(平日夜、於:中目黒および年1回の 井沢での移動勉強会(1泊)を軸に活動している。

年末には、“インプラントフオーラム” と題して外部講師を招いたオープンセミナーを主催しており、さらに2年ごとに、西村一郎 教授(UCLAワイントロープ再建生体工学センター による講演会も催している。

2021年(12月26日) は、”コロナ禍の免疫と歯髄幹細胞”と題し、恒川 新(愛知医大糖尿病内科) 、庵原耕一郎(国立長寿医療研究センター)、塚崎雅之(東大免疫学)の各先生を招聘して行われた。

会員は、経験豊富な 臨床家から基礎歯科医学のスペシャリストまで、固性派揃いの面々。月例会においては、臨床は日々の積み重ねであり、長期性がなければ意味がない」という理念のもと、創会以来、数多くの長期症例を報告し続け、メンバーで共有し、さまざまな視点・角度から活発なディスカッションが行われている。

また、年末の公開講演では、各分 のエキスパートを企業・学識・開業を問わずお招きしており、これまでに、代表を務める加藤の他、 藤井俊治(神奈川県) 、林揚春 (東京都)、吉成正雄(東歯大) 、高木幸人(山形県)、菅原明喜(日大)、遊亀裕一(神奈川・DT)、小川哲朗(オリンパステルモ)、興松英昭(京セラ)、下野正基(東歯大)、石原和幸(東歯大)、有賀誠治(長野県)赤松正(東海大)、山田将博 (東北大) 、塚崎雅之(東大) 、木村剛 (医歯大)の各先生を招聘して、基礎研究から実臨床に 至るまで幅広いテーマで開催してきた。

2020年末は、免疫学、微生物学のフロントランナーである塚崎雅之先生、石原和幸先生をお迎えし、ご自身の最新の研究を中心に、世界中で猛威を振うCOVID-19に関する最新トピックとも絡めてご講演いただいた。講演後には、ささやかながら 自前の懇親会を行い、”Fun & Learn“ を実践することもできた。

とかく群れたがる本邦のスタディグループは大規模化・集団化し、ステータス(学会〇〇医など)を求め過ぎるあまり、”真理を探求して知的好奇心を満たす“ という本来の目的を失ってきている。しかしITDNは、先に挙げた年末の公開講演会においても、参加費は全額を講師招聘や会場・懇親会費補助とし、営利を目的としない“一夜限りの使い切りの会” を謳っており、知的探求の場を提供し続けてきた。

そもそも、スタデイグループの本来の姿とは、同じ釜の飯を食った同志とともに天下国家を語り合った幕末志士の如く、”なぜ”・”どうして” が知りたい猛烈な知的空腹を覚えた学生たちが下宿に集まって歯科医療・医学の現在そして将来を議論するといったものなのではないだろうか? 

そんな知的空腹を満たしてくれる空間 “ITDN Tokyo”にホームページより、ぜひ参加いただきたい 

おすすめ